FC2ブログ

Villa Corniche

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Cars
CATEGORY ≫ Cars
       次ページ ≫

Citroën C4 Picasso (シトロエンC4 ピカソ)

C4 in Lenno Villa 1

シトロエンC4ピカソは、この夏ミラノ・マルペンサ空港で初めて知った車種です。

シトロエンといえば、ちょっと変わった車というイメージで見るのは楽しいのですが、運転をしてみたいと思った車は、バブル時代に一世を風靡した(?)XM以降は記憶にありません。

ちょと前の出来事ですが、大混雑していたマルペンサ空港のAVISカウンターで2時間近く待った挙句、予約していた車(プジョー3008)はおろか、同じクラスの車もない、価格を下げるからプジョーの208を借りてくれと担当者に宣告され、途方に暮れていました(そもそも208では家族の荷物も入らない)。

さらに待たされた後に、電話を終えた担当者が満面の笑みを浮かべ「最高の車が見つかった。追加料金無しでアップグレードするよ」と言って渡られたのが、シトロエンC4ピカソのKeyでした。

余談ですが、マルペンサのAVISのカウンターが異常に混雑していたのは、Keyを受け取った人々が、疲れた表情で大きな荷物を持ってカウンターに戻り「車が小さくて荷物が入らない」「ATを予約していたのにMTだった。運転できない」等々のクレームを次々としていたのも原因だと思います。イタリアと車事情が対極のアメリカ人が多かったのもAVISだからかもしれませんが。

C4 at Lenno Villa 3

ということで借りたのは、Citroën C4 Picassoの2Lデーゼル・エンジンの6MT。欧州らしい仕様ですが、何故シフト操作が忙しい6MTが必要なのか理解に苦しみます。冒頭の写真は滞在したコモ湖の湖畔のヴィラですが、落ち着いた色のC4ピカソは想像以上に風景に溶け込んでいました。

操作系はシトロエンらしく判りにくく、このあたりはメルセデスとは全く異なります。ところで借りた車の個体の問題でしょうが、4速のソフトのシンクロの調子が悪く、ギアを4速に入れる時だけ「ギィー」と異音を発生するのが不快でしたが、久し振りの左ハンドルのマニュアル車。湖畔の道のアップダウンで少し引っ張り気味にシフトチェンジを繰り返していると昔の愛車、マゼラティーのZF製の5速ミッションの感覚を懐かしく思い出しました。

C4 in Norway 1

数週間後のノルウェーのスタヴァンゲルのHertzで。

予約していたメルセデスのC-Classステーションワゴンを受け取ろうとしたところ、「メルセデスはないけど、もっと大きくて快適に移動できる車を用意していたから」と渡されたのは、またもやC4ピカソのKeyでした。

シトロエンに呪われているのかと思ってしまいましたが、確かに開放感が凄いパノラミック・ガラスルーフ、広い荷物スペース(そもそも家族旅行用のトランク3個 + αはCワゴンには積めなかったかもしれません)、フロントシートの後ろに装着されたテーブル、と家族4名で500km程度の移動には最適な車種でした。

C4 dashboard

但し、この白色のC4ピカソは、1.6Lガソリン・エンジンの6AT仕様で、車体の大きさの割にトルクが不足している感じでした。ATのプログラムの問題かシフトアップのタイミングが早く、ハイギアから常にパドルシフトを使いギアを落とさないと、加速の際にゴソゴソするので、いっそMTのほうが良いのではと思ってしまいます。欧州ではマニュアルが一般的なので、ATの性能はあまり重んじていないのかもしれません。

結論として、C4ピカソはパッケージ的には小型のミニバンで使いやすいサイズと車内のレイアウトは良いのですが、操作性が独特で(ATのシフトは、ダッシュボードの上から小さく生えており意味不明)、ひ弱なエンジン、不要と思われる6速トランスミッションと、自分のガレージに入れる車にはなりえないと感じました。ミニバンとしての使い勝手もいいし、デザインもまあまあなのですが。

C4 in Norway 2

ところで、ノルウェーのドライブは友人家族のTESLA P85Dと一緒でしたので試乗させて貰ったのですが、この車には驚きました。別途TESLAについて書いてみたいと思います。

TESLA Model-S P85D


Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)

キャデラックXT-5


XT-5 rear in Fashion Island

久しぶりに車の話題です。

この夏、南カリフォルニアに滞在した際に借りたのは、キャデラックXT-5という車でした。
全く予備知識がなかったので、最初の印象はやけに小さい車だなというものでしたが、後で調べて見るとボディーサイズは、全長4,825 mm、全幅1,915 mm、全高1,700 mmでしたので、以前保有していたRange Rover Sports(全長
4,855mm、全幅1,985mm、全高1,800mm)と遜色ありません。幅は少し狭い感じですが。
ホイールベースも2,860mmで、これもRR Sportsの2,920mmより少し短い程度です。

それでも、シートに座るとタイト感があり、ラゲッジルームもかなり狭い印象でした。
まあ、今乗っている車がエスカレードとシャーシを共有するV8フルサイズSUVなのですこし感覚が麻痺しているのかも知れませんが。

XT-5 Claremont

エクステリアは相当アグレッシブです。ライトの形状も未来的ですし、リアの造形も個性的です。
インテリアも流石にキャデラックだけあり、モダン且つ上質です。

XT-5 Interior

操作はシフトに少しコツが要ります。バックにシフトをチェンジするとき慣れないと戸惑ってしまいます。
いい意味で驚いたのは、8速ATが極めてスムーズなこと。V6 3.65Lでも非力なことはなく、加速は十分でした。
また、クロスオーバーというカテゴリーを名乗っているだけあり、乗り心地はとても良いです。タイヤサイズが、235/65/18と常識的であるのも好感が持てます。

XT-5 Top view

機能的なグラスルーフも明るい室内の雰囲気を醸し出すのに寄与しています。保有していたRR Sportsもパノラミック・グラスルーフをオプションで装着しましたが、この開放感は体験するとやめられないです。

ところで、XT-5は、今年の10月末に日本に導入されるそうです。キャデラック・ジャパンのサイトもあります。XT-5は、案外サイズ的にも日本に合っているしれませんね。

と言いながら、未だにRange Rover Sportsの端正な姿とカチッとした走りが忘れられません。本当に良く出来た車だと思います。下の写真は軽井沢で撮影した在りし日の愛車です。

RR Sport at Karuizawa
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)

11台目の車

Head Light 2015

昨年購入した生涯11台目の車です。
最近、英国車、アメリカ車の順番で乗り継いでいます。HIDヘッドランプ・ユニットにエンブレムが刻印されていますが、デザインも一昔前のアメ車とは隔世の感があります。

285-45R22.jpg

ホイールに目を移すと、これは正にアメリカン。キラキラ光る22インチのメッキホイールに285/45とSUVとは思えない超偏平タイヤです。全長5,180mm、全幅2,044mm、全高1,889mmの巨体。総重量は3.31ton。相変わらずの5.3LのV8は排気量の割には355馬力しかありませんが、太いトルクで全くストレスなく走ります。

以前の記事の通り、第一印象は甚だしく悪かったのですが、流石に最近型は進化しています。

2015年の新型モデルから搭載されたテレマティクスシステムMyLinkは、なかなかの優れものです。タッチパネルが上下に動き、奥にロックができる貴重品収納スペースがあるのは、Valet Parkingに便利なツールです。

Tahoe LTZ dash board

まあ、この車は日本で正規輸入代理店経由では販売されていませんし、日本で乗ることはまずないでしょうから、ダウンサイズの波に翻弄される前に、正統なる325cuのスモールブロックV8 OHVエンジンを楽しみたいと思います。
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)

車について(その2)

SLC Candy Blue

正月以来の更新です。

今年は昨年より時間が取れるのではとの淡い期待をしていたのですが、正月を含め自宅で過ごしたのは僅か4日間で、転々とホテル暮らしをしています。ということで、今もホテルの部屋から海を眺めながら書いているのですが。

間違いなくホテルの部屋からのビューは自宅と比較にならないのですが、休暇ではないので滞在が長くなるとさすがに疲れてきます。

少しだけ気晴らしになるのが、ホテルのフロントの前に飾る車を眺めることですが、キャンディ・ブルーのSLCには度肝を抜かれてしまいました。後ろに見えるマットブラックのG63AMGが上品に見える程です。

Maserati GT Metric Pink 1

ところが、今度はド派手なSLCを上回る凄いカラーリングの車が。。
メタリック・ピンクのマゼラーティGranTurismo Sport。サイドダクトの縁取りはイタリアの国旗色。ホイールにも3色のアクセントを入れてディテールにも拘っています。しかし、なんという色でしょうか。 後ろに写っているハマーH2も翳みます。

Maserati GT Metric Pink 2

これは全てディーラーのデモカーではなく、個人所有の車なので恐れ入ってしまいます。日本で運転するのは勇気がいるでしょうね。

RR Phantom DHC

最後にとても上品な一台を。
ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペです。

RR DHC and RR Sports

手磨きのステンレス・スチールとブルーのツートンカラー。トップを上げるとヨットの内装を彷彿させるするチーク材のフードカバーが見えます。5.6mの堂々とした躯体ですが、幅は2m弱でレンジローバー・スポーツと比較すると非常識なサイズではないことが判ります。
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)

車について(その1)

RR Sports and Maserati at Newport Coast

これは今年の夏に南カリフォルニアのCORONA DEL MAR PLAZAで撮影したスナップです。マゼラーティ・グランカブリオと、レンジローバー・スポーツ。ガレージに収める車の理想的な組み合わせです。

歴代のレンジローバーを乗り継いでいますが、新型レンジローバー・スポーツはシャーシと総アルミボデイーを現行のレンジローバーからそのまま受け継いでいます。旧型がLR3と共通シャーシであったのとは異なりますので、レンジローバーのオーナーが乗り換えても違和感はありません。

南カリフォルニアでは、本当に沢山の新型レンジローバー・スポーツを見ました。ニューポート・コーストとかロデオ・ドライブでは、目を上げると必ず視界に1台入るようなイメージといったら言い過ぎでしょうか。下の写真はBeverly Hillsですが、よく見ると道を挟んだ右側に停車しているのもレンジローバー・スポーツです。日本で走っていてすれ違うことはほとんどないのですが。

Bevery Hills RR Sports

マゼラーティも最近元気がいいですね。今年は創業100周年だそうですが、1990年代に瀕死の状況に落ちっていたのが嘘のようです。下の写真は、とあるホテルの車付けの風景ですが、いい感じですね。90年代中盤にMODENAにある本社を何度か訪れたことを思い出しました。

Maseraties GranCablio

さて、下の写真も昨夏にNewport CoastのCrystal Cove Shopping Centerで撮影したものですが、僕が借りたレンタカーFord Explorer Limitedの横に停まっているレンジ・ローバー。信じられない程、リアのデザインが似ていることに気が付きました。

 Ford and RR

テールライトのサイドデザインが似ているだけではなく、後部ルーフからリアウインドウの形状も瓜二つです。そういえば、エクスプローラーのテレイン・コントロールシステムは、レンジローバーとモード設定の似ているだけではなく、ダイヤルのアイコンのデザインが同一です。下の写真はエクスプローラーのダイヤルと現在の愛車のダイヤルの比較です。ランドローバーがフォードの傘下にあった名残でしょうか。

explorer terrain management systemダイヤル  RRスポーツ、テレイン・レスポンス
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)