Villa Corniche

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Airplane
CATEGORY ≫ Airplane
       次ページ ≫

Arado Ar 196 (その2)

Arado196 D1-EH Sep 17, 1943 off Irakeia Island

この画像は、銃撃により損傷したドイツ海軍のAR196 (D1+EH)が沈む直前の姿を僚艦であるSubmarine Chaser(駆潜艦) UJ-2104 Darvikの艦上から撮影したものだそうです。

1943年9月17日、このAR196水上機はギリシャのピレウス港からロードス島に向かう2隻の補給船(SS Paula, 1921建造、3754ton及びSS Pluto、1905年建造、1156ton)及び駆潜艦UJ-2104の3隻の船団を護衛していました。ところが、船団はNaxos島付近でキプロス島から飛び立った8機連隊の英国空軍Baeufighterに捕掴されます。激しい攻撃で船団は損傷しましたが航海を続けることができました。但し、護衛機のAR196は飛行不能となり、イオス島沖に不時着しました。AR196の乗員2名は、UJ2104に救出されています。

UJ2104

UJ2104は、元々ノルウェーの捕鯨船として1937年に英国で建造されました。1940年に英国海軍により駆潜艦に改造され、KOS XXIIIの船名で海軍の地中海の作戦に従事しましたが、1941年にクレタ島沖でドイツ機に襲撃され損傷し、ドイツ軍の捕掴を避ける為に自沈したのでした。ところが、結局ドイツ軍に引き揚げられ修復され、今度はドイツ海軍の駆潜艦UJ2104として1942年に再就役したのでした。

Off Ios Island

上の写真は、今年の夏にイオス島付近で撮影した光景ですが、73年前はドイツ軍、イタリア軍、連合軍が入り混じる戦場だったのだと思うと感慨深いです。

後で調べて解ったのですが、AR196 D1+EHは、上記の通りイオス島沖で沈みましたが、1982年にギリシャの漁船(NP1377 Robinson)の網に引っ掛かり、ナクソス島出身のRobinsonの船長が約91mの深さに沈んでいたこの飛行機の残骸をイラクリア島のAlimia Breachまで曳航してきたそうです。

AR196 D1_EH front

ところで、ロードス島に向かった船団はどうなったかというと、ロードス島には行き着かず、翌日1943年9月18日にAstypalea島の北でHMS Faulknor(H62) , HMS Eclipse((H08)とギリシャ海軍の駆逐艦Vasilissa Olgaの砲撃により、SS PaulaとSS Pluteは撃沈されてしまいます。駆潜艦UJ-2104はまたもや損傷を受けながら沈没しませんでしたがその後破棄処分になりました。尚、AR196の乗員2名は英国の捕虜となったそうです。

HMS Eclipse(H08)

余談ですが、船団を攻撃したHMS Eclipse(上の写真)は僅か1週間後の1943年9月24日にドデカネス諸島のカリムノス島で触雷して轟沈。駆逐艦Vasilissa Olgaは更に2日後の9月26日にドデカネス諸島のレロス島で Junkers Ju 88爆撃機戦隊の襲撃を受けた撃沈されています。

イタリアが全面降伏した1943年9月8日後のドデカネス諸島の戦いについて殆ど知識がなかったのですが、少し調べてみると興味が湧いてきます。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

Arado Ar 196 (その1)

AR196 D1-EK

僕はダイビングをしませんし、古い戦闘機にもあまり興味はないのですが、エーゲ海の透明度の高い海の海底に横たわっていたプロペラ機と思われる残骸が見えた時は身震いがしました。

子供達は素潜りで水深10m程のところにある飛行機の残骸に近寄っていましたが、僕は水面近くでスノーケリングのゴーグルを付け、長いことこの飛行機を眺めていました。

IRALKEIA.jpg

上の写真はこの飛行機の残骸が沈んでいるイラクリア島のAlimia Breachです。小さな青いブイの下の海中に冒頭の光景が広がっています。海からしかアプローチができない入り江ですのでとても透明度の高い海です。

さて、Iraklia Islandは、Small Cyclades(小キクラデス諸島)にある島なのですが、人口が僅か145人。島のホームページに記載されているのは、
- 銀行はありませんが、AMTは1台あります
- ガソリンステーションはありません。
- キャンプ場はありません。
- バスもタクシーもありません。
と、ないないづくしなのですが、最後に「港にはヨットの為の水と電気があります」と紹介されていて、大真面目なのでしょうがなかなか面白いです。村上春樹氏が訪れたハルキ島の人口が450名程だそうですので、イラクリア島はもっとローカルな感じでしょうか。

Ar196 Ilaklia Is

飛行機の話題に戻ります。この残骸はArado AR196、第二次世界大戦時のドイツの艦載水上機だそうです。単発式でBMWのエンジンを搭載した2人乗り。全長11.00 m、全幅12.47 mですので小型ですね。合計で400機以上生産されました。

Ar-196.jpg

有りし姿の写真を見ると、フロート付きの水上飛行機で、俄然興味が湧いてきます。
この飛行機には、どのような歴史があるのでしょうか。少し調べてみることにしました。

Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

バーレーン空港 その4(USN C-40A)

A9C-AF and C-40A

再びバーレーン空港での一コマです。

いつものラウンジの窓から滑走路を眺めていると、着陸したガルフエアーのA320の背後で少し珍しい光景が展開されていました。胴体を開いて貨物を積み込んでいる飛行機は、B737がベースのボーイングC-40です。Clipperという愛称が良いですね。

C-40A 168981

貨物が積み終わると、C-40AはするするとC-130とC-2の間をタキシングしてRWY-30Rに向かいます。そしてあっと言う間に離陸していきました。尾翼に8981と記載されているので、米国海軍(USN)のワシントン州のWhidbey Island基地がベースのVR-61(第61艦隊兵站支援飛行隊)所属です。VR-61の愛称は、”Islanders”だそうですが、あまり捻りがない名前ですね。

C-40A 168981 Take Off

6月初旬に一時帰国した際に、新たなコンパクトカメラを購入したのですが、愛機のD700と比べては駄目ですね。中東の飛行場で一眼レフを持ち出す勇気がないので仕方ないのですが。

VT-AXI and A9C-AG

丁度、1年前に購入した30倍ズームのニコンS9700のピントが合わなくなり、代換として60倍ズームのS610を買ったのですが、コンパクトカメラとはいえ可也大きいので携帯性が悪くなってしまいました。それでも、多少はピントが合う写真が撮れるようになったのではと自分を慰めています。

上の写真は派手なカラーリングのインドのLLC、Air India ExpressのB737-800です。下は、One Worldのカラーリングのカタール航空のA320です。といっても正面では分かりませんので、サイドビューも掲載します。

A7-AHL Front

A7-AHL at BAH
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

香港空港

B-LJG at HKG

先日、香港空港で4時間程のトランジェットがあったので、ターミナル2にあるスカイデッキに行ってみました。
25Rにどんどん着陸する飛行機を望遠レンズで追っていると時間を忘れます。

暑いです。日陰は僅かなスペースだけです。平日の昼間なのでスポッター諸氏が何人かいるだけでしたので、のんびりした感じでしたが、炎天下で2時間以上は辛いですね。

HKG Skydeck

考えてみたら、このような空港の展望デッキに来たのは多分人生で初めての経験でした。
なんといっても中東の飛行場と異なり堂々と飛行機にレンズを向けられるのは快感です。

9V-SKK.jpg
9V-SKK(2).jpg
9V-SKK(3).jpg

シンガポール航空の巨大なA380が降りてきました。見事な光景です。スポッターの真似事をしているのですが、病みつきになりそうです。こんどはUPSのジャンボが来ました。N582UPの期待番号は、B747-400F。初飛行は1997年です。
冒頭のキャセイカーゴの新鋭機B747-867Fとの対比が面白いです。

N582UP at HKG

今度はRunway 25LにPolar Air CargoのB747-400が着陸してきます。スカイデッキからは300mmのズームレンズでこれが精一杯の写真です。香港空港のカーゴターミナルはジャンボだらけです。

Polar Air B747 at HKG

ということで以前は苦痛であった長時間の乗り継ぎも飛行機を見ているとあっという間に過ぎてしまいます。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

少し珍しい飛行機と空港について

YK-AKB A320-232

ある中東の空港で見かけたシリア航空のA320です。機体番号YK−AKBを調べると、1998年にロールアウトしていますので、機歴17年ですね。これは昨年撮影した写真で、塗装に少し斑があるのが見えますが、内戦中に国際線を飛ばしているのを見るとなんとも言えない気分になります。

少し前にほんの数日帰国した際に、航空写真家チャーリィ古庄さんの著書世界のビックリ空港探訪記を成田空港で買い、すっかりチャーリィ氏の世界にハマってしまいました。

僕の写真は飛行機の機窓から撮影したスナップが殆どなのですが、すこし珍しい機体と空港の写真を掲載してみます。

Erbil Airport (2)

上の写真は、2年前のイラクのアルビルの空港の風景です。空港の警備が厳しいので飛行機から降りた後にポケットカメラを取り出す勇気はなかったので機窓からの写真だけですが、今はどうなっているのでしょうか。当時はドバイからアルビルへのエミレーツ航空の直行便があったのですが、2015年3月7日からこのルートは運休となっています。つい2ヶ月前までフライトが運行されていたことも驚きですが。

Erbil Airport (1)

アルビル空港のターミナルは思ったより立派でしたが、なんといっても離発着が殆どないのでガランとした感じでした。

C-130 P2-LAC

上の飛行機はある中東の空港で見かけたL-382ですが、アラスカのアンカレッジを拠点にするLynden Air Cargoの機体を砂漠の空港で見るのはなんとも不思議な感じです。

4L-ABA.jpg

最後にバーレーン空港で撮影した機体を。ジョージア(グルジアの方がピンときますが)のトビリシを拠点とするGeorgian Star InternationalのA300です。貨物機に改装されており塗装は真っ白。なんとも怪しい感じが漂います。バーレーンに何を運んできたのでしょうか?
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)