Villa Corniche

2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

ロールス・ロイス / レイス(Rolls-Royce Wraith)

RR Wraith 3 2014

The first time I laid eyes on Terry Lennox he was drunk in a Rolls-Royce Silver Wraith outside the terrace of The Dancers...

余りにも有名なレイモンド・チャンドラー著、The Long Good Bye(邦題は、長いお別れ)の始まりの文です。

先週、某国某所で新型のロールス・ロイスのWraith(レイス)を眺めながら、本当に久しぶりにフィリップ・マーロウの名前を思い起こしていました。

フィリップ・マーロウのの小説の舞台設定は、1949年〜50年ですので、チャンドラーがイメージしたSilver Wraithは、下のような感じでしょうか。この写真はWEBからの借用ですが。ツートンカラーは、初代のWraithと同じ意趣ですね。

RR Silver Wraith Touring

同じ日の夜、Wraithに遭遇しましたが、名前の由来に恥じず大変に静かに走り去り、ロールスロイスの伝統に納得したのでした。まあ、6.6Lの過給機付き12気筒エンジンから632馬力を発生しますので、大型のクーペボディを楽々加速させるのでしょうが。ところで、ロールスロイスは以前は、「必要且つ十分な馬力」とし一切の馬力表示をしていなかったと記憶していましたが、BMW資本の傘下企業となりポリシーを変えたのでしょうか。

RR Wraith 1

しかし、見る程に美しい車です。ファントムのドロップヘッド・クーペとか比較すると少し親近感が涌きます。長さが5.28m、幅が1.95mの大きさだそうですので、シボレーTAHOEと略同じサイズですね。ということは、運転しようと思えばできるかな、とあらぬ事を考えてしまいました。

ロールスロイス。限られた乗車体験しかありませんが、20年近く前にジュネーブのあるホテルが気を利かせてくれて、空港までの短い時間でしたが、シルバー・スピリット(Silver Spirit)の後部座席を堪能したことを思い出します。
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)