Villa Corniche

2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

DHC-6(De Havilland Canada) Twin Otter その1

DHC-200 8Q-TAC (1)jpg

モルディブの話になったので、リゾートへの移動手段であるコミューター機について。

首都マーレから、リゾートに移動するのに活躍しているのは、De Havilland Canada製のDHC-6 Twin Otterです。「双子のカワウソ」とは可愛い愛称です。無論、単発のDHC-3を双発にしたのが、DHC-6なのでこの名前なのでしょうが。

8Q-TAC (2)

DHC-6は、1966年から1988年に掛けて製造されましたが、今でも500機以上が現役だそうです。

冒頭の写真は、2013年4月にモルディブを訪れた時に搭乗したTrans Maldivian AirwaysのDHC-300です。識別番号8Q-TACを持つこの飛行機は、1978年に製造されています。飛行機の登録を見ると、この飛行機は最初タンザニア航空にDeliveryされ、1993年にケニア航空に売却、1999年にタンザニア、2007年に南アフリカのコミューター機として使われ、2008年〜2010年にはなんと、国連人道支援航空サービス(UNHAS)に使われ、2010年10月にモルディブにやってきたのでした。すごい経歴をもったベテラン飛行機ですね。

8Q-TAC (4)

機内は綺麗に整備されています。外装は近くに寄ると新しい塗装とはいえ、旧さが隠せませんが雰囲気はあります。この飛行機にはターボプロップ・エンジンが搭載されてるのですが、プロペラが付いている飛行機はなんか親近感が涌きます。特にモルディブのTwin Otterは、フロートが付いている水上飛行機ですので最高です。

8Q-TAC(3).jpg

ところで、以前モルディブに来たときは、マーレの水上空港の機体上部がオレンジ色にペイントされたMardivian Air Taxiが大量に駐機していたのですが、どこに行ってしまったのでしょう?

DHC-6は次の記事に続けます。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

Island Surfbreak New Caledonia

Island Surfbreak New Caledonia CD

先日一時帰国した際に、実家に置いてあるコレクションから、なんとなくこのCDを選んで持ってきました。

僕がCDプレイヤーを導入したのは1985年で、機種はソニーのCDP-502ESでした。下の写真はカタログからですが、まだまだレコード全盛期で、たしか最初のCDプレイヤーが発売されたのが1982年でしたので、CDのタイトルも少なく、EP、LPが幅を利かせていた時代です。

このCDの裏面にも、「コンパクト・ディスクの優れた特徴」として、「音の歪み率は従来のレコードの10分の1以下。針が音溝をトレースする雑音もないので、休止部はかぎりなく無音にちかづきました。針を使わないので、音溝がすり減るようなことはありません(原文通り)」等々と記載されています。ほんの30年前の話ですが、大昔のような感じですね。

CDP-502ES 1984

因みに最初に買ったCDは、The L.A FourのGoing Homeです。CDケースの裏面に、購入日(1985年5月24日)が記してあります。日本人エンジニアによる1977年に録音されたセッションですが、録音機材もクレジットされている優秀録音盤です。演奏もLaurindo Almeida, Shelly Manne, Ray Brown, Bud Shankによるウェスト・コーストジャズで最高です。リファレンスCDとして新たなオーディオ機器購入の際に必ず試聴に使っていました。

さて、本題です。

Island Surfbreak New Caladoniaと名付けられたCD。最初から最後まで、約45分間の間、波がビーチに打ち寄せる音と、時折聞こえる鳥の鳴き声だけが収録されたCDです。たしかこれも1985〜86年頃に買った記憶があり、部屋を満たす波の音の臨場感に感動したことを覚えていますが、改めて聞いてみると可笑しみを感じます。いわゆるキワモノですね。

このCDもRecorded by SONY DIGITAL SYSTEM、PCM-F1, SL-F1, MICはC74, C38, C55等とクレジットされていますが、デジタル録音の音源を求めて、エンジニア達が 開発されたばかりのポータプル型のPCMプロセッサーとこれもポータブル型のベータ(!)ビデオレコーダーを背負って、ニューカレドニアとか、セーシェル(僕は「Bird Island Seychelles」という同じコンセプトのCDを1985年6月18日に購入しています)に出かけていき、大まじめに波の音とか鳥の声とかを録音していたのでしょう。想像するとやはり面白いです。

まあ、僕もその後、1992年に購入したDENONのポータプルDATをリュックに入れて、F3とFM2の2台のニコンといくつかの単焦点レンズと共に旅していたので、人の事は言えないのですが。

Maldives Apr 2013

久しぶりに妙に臨場感のある録音された波の音を聞いていると、南の島に行きたくなってきました。上の写真は、丁度1年前の2013年4月に家族で過ごしたモルディブのリゾートのビーチを撮影したものです。
Audio | Comments(0) | Trackbacks(-)

The Bankesters

昨年導入した愛機JBLから流れる音楽を聞いています。

Tradewinds RadioからAmericaのSister Golden Hair(邦題:金髪の髪の少女)、Anna KendrickのCups (When I'm Gone)、Van HellenのDreamsと新旧取り混ぜた好みの曲が次々に流れます。

Tradewinds Radio(約してT.W.R、貿易風ラジオ-惚れ惚れする名前です)のビットレートは、96kbpsですので、320kbpsとCDより高音質なLinn Radioに比較すると、ナローレンジな音ですが、逆にトロピカルFM曲を聞いている雰囲気が出て悪くありません。

DJもナレーションも無く、ひたすら音楽を流すInternet専門のラジオ局とは異なりT.W.RはFM局で、次の周波数に合わせるとカリブ海の島々でFMラジオから聞けるそうです。定期的にアナウンスされるカリブ海の天気予報と、US Newsが良いですね。

-British and U.S. Virgin Islands and Puerto Rico: 92.3 FM
-The Turks and Caicos: 104.5 FM
-Anguilla, St. Martin, Sint Maarten, and St. Barths: 105.1 FM

さて、Cupsといえば、イリノイ州のブルーグラス・ファミリーバンド、The Bankestersがカバーしているバージョンが気に入っています。そのへんの公園で撮影したような演奏と、ナッシュビルのパルテノン神殿での撮影と、とても素朴なプロモーションビデオです。



このBankestersも、インターネットラジオで発見したバンドです。1年程前に、Bluegrass Mixが流していたLooking Forward To Looking Backが耳に残り、このアルバムを早速注文したのでした。


Looking ForwardLooking Forward
(2013/06/20)
Bankesters

商品詳細を見る


昨年10月には、新しいアルバムを出してますます気に入っています。マンドリン弾きの天才少女シェラ・ハル(Sierra Hull)とか、クレアリンチバンドで活躍したJim Hurstとかがゲストとして参加しており、一段と演奏の質が上がっています。SierraHullはThe Cupsのビデオにも出演していますね。


Love Has WheelsLove Has Wheels
(2013/10/10)
Bankesters

商品詳細を見る


驚いたのは、最新のアルバムLove Has Wheelsの録音が素晴らしいことです。

前に紹介した、クレアリンチバンド(CLB)の
Dear Sisterと同じ、独立系のレーベルCompass Recordから出されているCDは、とても自然なサウンドで低音も伸びており、JBL伝統の15インチのウーハーがしっかりウッドベースの音を再生します。
Music | Comments(0) | Trackbacks(-)