Villa Corniche

2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

シボレー・タホ (Chevrolet TAHOE)

New Tahoe front

先日、某国某所のモーターショーで、新型のシボレー・タホを見ました。2015年式(K2UC)です。

見事にカクカクなデザインで、カメラのレンズがハレーションを起こすほど激しいメッキグリルです。
うーん。自分で保有していたので贔屓目になるのかもしれませんが、新型より旧型(GMT-900)のデザインが良いのではと思ってしまいます。

Tahoe 2007 Z71 Front

この写真は、昨年手放した2007年型のTAHOE Z71です。ステンレス製のフロントのアンダーガードがZ71の特徴です。押しが強いフロントマスクだと思っていましたが、新型と比較すると上品なほど(?)です。

New Tahoe Side
Tahoe 2007 Z71 side

サイドを比較すると、2005年にデザインされ、2006年から生産された旧型(GMT900)との違いが顕著です。やはり新型のデザインは進化していますね。写真はZ71ですので、前後のブリスターフェンダーと、パイプ製のサイドステップが標準モデルと異なります。Z71の標準装備であるメッキ・フュエールリッドも少しゴテゴテした感じですね。

新型のタホの大きさは、全長5,179mm、全幅2,045mm、全高1,890mmですので、旧型(GMT−900)の全長5,131mm、全幅2,007mm、全高1,953mmrと比較すると、少し長く、幅が38mm広くなっています。因みにホイールベースは、2,946mmで同じです。

New Tahoe Rear
Tahoe Z71 Rear

リヤビューは写真では、殆ど同じデザインですが,新型はバンパーが角張っているせいか、よりボリューム感があります。

ところで、最近の新型車を見ると、エンジンのダウンサイズが流行しているみたいですが、タホの伝統のV8 5.3Lのエンジンは変わっていません。フルサイズのSUVにV8が積まれていないと、アメ車ではありませんね。

昨年TAHOE Z71を手放した後に購入したのは、以前の趣旨に沿って英国車でしたが、いつかまたアメ車を保有することがあるのでしょうか。まあ、アメリカに住むのであれば、必ずアメ車にするでしょうが、次はSUVではなく、一足飛びにトラックにいってしまうかもしれません。

新型タホと共に展示されていたSILVERADO。黒のつや消しに塗装され、近寄り難い雰囲気のトラックです。

New Silverado Front
New Silverado Rear-Side View
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)