Villa Corniche

2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

ボーイング747について

イラン航空 B747 1

先日、トルコのイスタンブール空港でトランジェットした時、不運なのか幸運なのか、搭乗機はボーディング・ブリッジに着かずに、バスで移動することになりました。

冒頭の写真は空港内をバスで移動中に撮影した国営イラン航空のボーイング747です。機体登録番号は、EP-IAGですので、イラン革命前の1976年に引き渡されたBoeing 747-286Bです。

経済制裁でスペアパーツも調達も1979年以来止まっている筈ですので、どうやって整備しているのかと思いましたが、ニュースを調べるとこの記事の通り今年7月にボーイングが、イラン航空に航空機部品を販売することで合意したそうです。

もう20年も前ですが、ソ連製の飛行機に頻繁に搭乗していた時期があり、しっかり整備されていない飛行機は勘弁して欲しいと思っていましたので、政治には関係無く少し安心する記事でした。

イラン航空B747-200

バスが747を真横に見て通過します。2階部分が短いクラッシック・ジャンボです。下の写真はロスアンジェルス空港で撮影した、最新型の747-8インターコンチネンタルです。D-ABYIの機体番号ですので、2013年5月にデリバリーされた最新鋭機です。747の初期型の初飛行は1969年ですので、正しくロングセラーですね。

ルフトハンザB747 Intercontinental

キャセイとかBAの747-400は機歴20年程度の機体なので、シートを新しくしても古さが否めませんが、最新の747−8Iにはいつか乗ってみたいですね。

下の写真は2011年に搭乗したロンドン−マイアミ便のB747-400です。座席は、窓際はなんと進行方向とは逆向きです。シート幅は狭いのですがプライバシースクリーンを上げると、本当にプライベートな空間になり結構落ち着きます。キャセイ航空も747-400の退役を発表していますし、何年か先には、747−400は珍しい機体になるでしょう。

BA B747-400

BA B7470400 Seat

最後にイラン航空の747-200シリーズの写真を載せます。クラシック・ジャンボもいい感じです。

イラン航空 B747 3
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

新型シボレー・サバーバン(Chevrolet Suburban) GMTK2YC

New Suburban SF

以前の記事で、モーターショーで見たシボレー・タホの印象がイマイチと書きました。ところが今年の夏、アメリカ西海岸を旅行した際に走っている実車を見てあっという間に考えが変わりました。

特に、TAHOEのホイールベースを長くしたロングバージョンの、SUBURBANは、旧型のGMT900ではなにか冗長にボデイが長いイメージがあったのですが、新型はCピラーからトランクルームに掛けたデザインの連続性があり、なかなか綺麗なデザインです。

New Suburban SF FW

全長5,630mm、ホイールベース3,302mmと、ベースのタホより約44.8mm長いボデイーの取り回しを考えると、アメリカでも都市部では持て余しそうですが。

同じシャーシを共有するキャデラックエスカレードも既に多く走っていましたが、後ろ姿はなかなかなのですが、フロントグリルが、アメリカ大統領専用車のような押し出しで、所有するのには勇気が要りそうです。

New Escalade ESV

やはり後世に名が残るクラシックカー以外は、新型が出ると旧型は確実に陳腐化するのですね。当たり前ですが、なんとなく実感しました。

下の写真はビバリーヒルズを流していた初代のChevrolet Impalaですが格好良かったですね。巨大な新型サバーバンなんて別になんてことない普通の車に見えてきます。

Bevery Hills Chevoret
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)