Villa Corniche

2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
      

≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

DHC-6(De Havilland Canada) Twin Otter その3

8Q-TAD Mar 2015

ちょうど2年ぶりのモルディブは、別のブログで書いたようにDHC-6 Twin Otterでのリゾートへのフライトではなく、スピードボートでの移動したのですが、ときおり低空で飛行する馴染みのあるプロペラ機が気になります。

ビーチにいてもTwin Otterのエンジン音が聞こえてくるとおもわずカメラのレンズを向けてしまいます。冒頭の写真は、リゾートの隣の島に着陸する態勢に入ったDHC-6-300です。機体番号は8Q-TADで、Trans MaldivianのFacebookによると最近フリートに加わったとのことです。機歴を見ると、1980年に製造され米国、カナダで活躍した後に2015年1月にモルディブで登録されています。

Trans Maldivian Airways(TMA)の設立、経営統合の経緯は以前の記事で少し触れましたが、この8Q-TADはTrans Maldivianの新しい機体塗装になっています。因みに2015年4月時点で、TMAは45機のDHC-6を保有しているそうです。

8Q-MAW.jpg

今度は8Q-MAWが上空を通過します。この飛行機は社名は消されていますが懐かしいMaldivian Air Taxiの塗装ですね。この機体も1980年にロールアウトしていますが、モルディブに来たのは2009年です。

8Q-MAZ.jpg

上のDHC-6は、白と黒にエンジンが金色の塗装です。よく見るとホテル名前が書いてありました。この機体のロールアウトは1981年で8Q-MAWと同じく2009年にモルディブに来ていますが。なかなか上品な塗装だと思いますが、南の島のイメージではないですね。

8Q-TAC Mar 2015

サーフィンに向かうドーニーから遠目に見えたのは、お馴染みのTrans Maldivianのイエローとブルーの機体でしたが、機体番号に見覚えがあります。後で調べたら、2013年4月に搭乗したTwin Otterでした。

ということで、ビーチリゾートでTwin Otterを見るというモルディブでのもう一つの楽しみが増えました。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

空港の風景(Dubai International Airport - DXB)

ドバイ空港

朝早くドバイ国際空港に着陸しタクシーウェイをゆっくりと進んでいたところ、このような光景が搭乗機の窓の外に広がっていました。

エミレーツ航空のA380が2機、B777も遠目に見えます。機窓から撮影した空港の写真では尤も気に入っている一枚です。

DXB from the Air

この写真は視界が良い別の日に機窓から撮影したドバイ国際空港の全景ですが、Emirates専用のターミナル3に接続している左下に見えるコンコースA、Bに大量のA380が駐機しているのが判ります。

Emirates航空は、本日時点で59機のA380を保有。B777は、300ER、200LRを含め合計144機(!)も保有しています。

DXB A380

A380は外から見ると何とも不格好で、風格があるB747とは比べられないのですが、機内は流石に最新鋭機であることから、これはB747よりかなり快適です。無論、僕の比較対象はB747-400ですので、最新のB747-8 Intercontinentalに乗って比較しないと不公平なのかもしれませんが。

DXB new terminal

ところでドバイ国際空港の管制塔は、綺麗な虹色に塗られています。これはがん啓発運動の支援の一環で、24種類のがんを表すリボンをイメージしているそうです。

移動中に機窓から撮影した写真が溜まってきましたので、徐々にブログにアップしていきたいとおもいます。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)