FC2ブログ

Villa Corniche

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPAirplane ≫ サウジアラビア航空のフライトについて

サウジアラビア航空のフライトについて

Saudia Window

以前書いたように僕は飛行機に乗る際は必ず窓側の席を予約するのですが、サウジアラビア発着のフライトではがっかりすることも多くありました。

冒頭の写真は、Saudiaの機内(国際線です!)の窓を写したものですが、中の埃は拭えるとしても窓の外の汚れはどうしようもありません。砂漠の国で水が貴重なことは判りますし、頻繁に砂嵐も発生しますが、同じ中東のキャリアであるEmiratesもQatar AirwaysもGulf Airも、Oman Airでさえ、こんな汚い窓は見たことがありません。

RUH B747 and B777

まさにこの窓越しに撮影したのが上の写真ですが、SaudiaのB747とB777が交差する面白い構図にも拘らず、ボヤけてレジ番号も判別できません。もしかしたら、機内から写真なんか撮るなよ、と言いたいのかもしれませんが、あまりにもメンテナンスが出来てないのではと思ってしまいます。

HZ-AS39 A320 at RUH

この汚い窓の機体のレジ番号は、HZ-AS39。A320-214で就航したのは2010年10月です。撮影したのは2015年ですので、わずか5年弱の新鋭機なのですが機内も決して綺麗ではありませんでした。

Saudia Lunch SV540

ネガティヴな話しになってしまいましたが、実はフライトはそこそこ快適です。特に食事は、結構美味しいのです。垢抜けない感じですが、野菜もフルーツも新鮮ですし、サーブされるガーリックトーストは絶品で、毎回注文していました。

Saudia SV540 RUH-DOH HZ-AS39 July 2015

機内はこんな感じです。短距離線なのでオーソドックスなビジネスシートで、リクライニングの調整も手動ですが、まあこんなものでしょう。配られるおしぼりでアームレストを拭くのが習慣になっていましたが。

Saudia RUH-JED

ちなみにサウジアラビア航空にもちゃんと女性のCAがいます。無論、サウジ人ではなく、中東、アフリカ、それにイスラム圏の東南アジア諸国の出身が多いと思われます。因みにサウジアラビア国内のレストランでは、給仕は男性で女性のウエイトレスはいませんが(そもそも、レストランは、男性用と家族/女性用のセクションに分かれており、そもそもレストランで女性を見ることは基本的にありません)フライトは例外なのでしょうか。

サウジの航空会社のフライトの座席は特に男性と女性の区別はありませんが、搭乗時にサウジ人の女性が横にくると席を移動させられることもよくありました。

サウジのネタは多くあるのですが、今日はこの辺にしておきます。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする