FC2ブログ

Villa Corniche

2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPCars ≫ GLS450 4MATIC(北米仕様) その1

GLS450 4MATIC(北米仕様) その1

GLS450 with USS hornet

今年5月に渡米した際のレンタカーはメルセデスGLS450 4MATICでした。冒頭の写真は、USSホーネットの前で撮影しました。

今回レンジローバー・ヴェラールを予約してかなり楽しみにしていたのですが、SIXTのカウンターで言い渡されたのは在庫無し宣告。気落ちしていたところオファーされたのが、GLSへの無償アップグレードでした。GLCからのアップグレードであれば喜んでいたかもしれませんが、少し複雑な気持ちでキーを受け取りました。

GLS450 at the local airport parking

GLSは、全長5,130mm、全幅1,940mm(ミラーありで2,141mm)、全高1,850mm、ホイールベースが3,075mmとかなり大柄です。アメリカでも狭い駐車場で少し取り回しに苦労するほどのサイズです。普段乗っているシボレーTahoeが全長5,180mm、全幅2,044mm(ミラー無し)、全高1,889mm、ホイールベースが2,950mmですので、ほとんど同じです。まあ、つい4月に発表された新型のGLSは、全長5207mm、3135mmのホイールベースとのことですので、もっと大型化していますが。

ところがエンジンはなんと僅か3.0LのBiturbo。何か昔乗っていたMaserati Biturboを思い出しますが、内容は全く非なるもので2.4トンの巨体を走らせるのに十分な362馬力を発生し、0-100kmを6.6秒で駆け抜けます。GLS450という名前から、4.5LのV8を想像していましたが、SクラスのSUVでもダウンサイズなのですね。V6らしくコンパクトなエンジンです。Tahoeは、5.3LのV8で355馬力ですが、コンセプトが全く異なります。

GLS450 Engine

ところが実際に走り始めると、かなり違和感を感じました。標準設定のコンフォートは、まるでアメ車の如くふわふわのサスペンションでモッタリとした乗り心地です。昨年借りたメルセデスGLC300に比較すると俊敏さがまるで感じられず、メルセデスとはいえ、米国で生産されているアメ車の印象でした。GLC300は現時点でブレーメンで生産されているそうですし。
GLS450 at USS Hornet 1

装着されていたタイヤもこのクラスに似合わない275/55/19です。乗り心地重視かもしれませんが、Tahoe LTZが285/45/22で22インチですので、19インチの55が妙に締まらないドーナツタイヤに見えてしまうのかもしれませんが。

このように初期印象は?でしたが、3週間程乗っていると慣れてくるものです。特に優秀なのは巨大なトランクルーム。長い旅行で4人分の荷物が難なく収まります。電動の3列目のシートを畳むとトランクの奥に手が届かない程の奥行きがあります。それにボディ剛性が良いのか、運転していて一切のミシミシ音はありませんし、流石にSクラスのSUVの品質です。

GLS450 Trunk Room

今回借りた車は内装がブラウンレザーでした。最近の自分の車も似た色を選んでいるので好ましく思いました。あまり高級感がある感じではありませんでしたが、レンタカーなのでベース・グレードなのでしょう。

GLS450 rear seat

GLS450の記事は次に続けます。
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする