FC2ブログ

Villa Corniche

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOPCars ≫ GLS450 4MATIC(北米仕様) その2

GLS450 4MATIC(北米仕様) その2

GLS450 Sport mode

前の記事でGLS450のモッタリとした乗り心地について書きましたが、試しにスポーツモードにしてみると、全く違う車のようになりました。ノーマルモードだとアメ車のように柔らかくロールするサスペンションが、カチッとしたフィーリングになり、ギヤチェンジのまどろっこしさも無くなります。車高も多少下がるような気がしました。コントローラーを回すと、ディスプレイとダッシュボードにSportと表示されモードの切り替えが完了したことが判ります。

GLS450 Console S mode

北カリフォルニアのワインディングロードではSportモードは必須です。大きい車体と重量を感じない程にキビキビと走り出しますが、突然燃費が悪化するのと引き換えの快感です。ブレーキの効きは特に良いとは思いませんでしたが、後日アメ車のFull Size 4WDと比較したところ、ハンドリングも、ブレーキもGLS450の方が全然優れていることを改めて実感しました。流石にメルセデスは侮れません。

GLS450 Drivers seat

ドライバーシートはこんな感じです。ベースクラスのためかあまり高級感はありませんが、天井はグラスルーフで開放感も抜群でした。ところでセンターコンソールにはタッチパッドも装着され操作性はかなり良いです。GLS(X166)は、2012年に登場した2代目のGLのマイナーチェンジ版でモデル最終期ですので、つい先日発表された最新のデジタルコクピットを装着する新型GLSに比較するとオーソドックスな印象ですが。

GLS450 Driver seat

この車はエアーサスペンションを装備しています。エアーサスと聞くと反射的に以前保有していたレンジローバー4.6 HSE(P38A)で苦労したことを思い起こしますが、メルセデスはどうなのでしょうか。下の写真は、Sportsモードの車高と、Highモードの車高を比較した写真です。同じ場所での撮影ではないのですが、Highにすると感覚的に10cm程度車高が上がるような感じでした。

GLS450 Sports Mode

GLS450 high position

今回は サンフランシスコ周辺だけの滞在でしたので、19日間で613マイル(981km)しか運転しませんでした。全く運転しない日もありましたので給油は計3回。合計46.3ガロン(175L)を消費しましたので、燃費は5.6km/Lでした。このサイズのSUVで、殆ど街乗りで高速は殆ど使わず、頻繁にワインディングロードをSportsモードで走っていたことを考えると燃費は決して悪くありません。燃費がこの半分以下であった25年前の2.8L V6のマゼラーティのBiturboとは大違いです。

メルセデスベンツGLS450。自分の車として購入する候補にはなり得ませんが、レンタカーとして借りるのであれば巨大なサイズにも拘わらず快適で実用的な車でした。
Cars | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする