Villa Corniche

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPAirplane ≫ DHC-6(De Havilland Canada) Twin Otter その1

DHC-6(De Havilland Canada) Twin Otter その1

DHC-200 8Q-TAC (1)jpg

モルディブの話になったので、リゾートへの移動手段であるコミューター機について。

首都マーレから、リゾートに移動するのに活躍しているのは、De Havilland Canada製のDHC-6 Twin Otterです。「双子のカワウソ」とは可愛い愛称です。無論、単発のDHC-3を双発にしたのが、DHC-6なのでこの名前なのでしょうが。

8Q-TAC (2)

DHC-6は、1966年から1988年に掛けて製造されましたが、今でも500機以上が現役だそうです。

冒頭の写真は、2013年4月にモルディブを訪れた時に搭乗したTrans Maldivian AirwaysのDHC-300です。識別番号8Q-TACを持つこの飛行機は、1978年に製造されています。飛行機の登録を見ると、この飛行機は最初タンザニア航空にDeliveryされ、1993年にケニア航空に売却、1999年にタンザニア、2007年に南アフリカのコミューター機として使われ、2008年〜2010年にはなんと、国連人道支援航空サービス(UNHAS)に使われ、2010年10月にモルディブにやってきたのでした。すごい経歴をもったベテラン飛行機ですね。

8Q-TAC (4)

機内は綺麗に整備されています。外装は近くに寄ると新しい塗装とはいえ、旧さが隠せませんが雰囲気はあります。この飛行機にはターボプロップ・エンジンが搭載されてるのですが、プロペラが付いている飛行機はなんか親近感が涌きます。特にモルディブのTwin Otterは、フロートが付いている水上飛行機ですので最高です。

8Q-TAC(3).jpg

ところで、以前モルディブに来たときは、マーレの水上空港の機体上部がオレンジ色にペイントされたMardivian Air Taxiが大量に駐機していたのですが、どこに行ってしまったのでしょう?

DHC-6は次の記事に続けます。
Airplane | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする